足のしびれについて

足のしびれとともに腰痛や腰がだるいといった症状が出てくる場合もあります。椎間板ヘルニア、ぎっくり腰などは痛みがともなうので病院へいけば、足のしびれについても相談できます。しかし、痛みがあまりない病気が原因で手足のしびれが起きている場合は、お医者さんに診てもらうのを先延ばしする方もいると思います。神経からくるしびれ、血管障害からくるしびれとあるので、専門家に早めの相談が必要です。当サイトでは、腰痛と足のしびれの関係や足のしびれの原因と症状など役立つ情報を紹介しています。

スポンサードリンク

腰の痛みを解消するために

腰痛は老若男女問わず幅広い年齢層に起こる為、
症状も人それぞれ異なります。

同じ痛みでも冷やした方が改善されるケースと、
温めた方が良いケースがあって、素人判断で対処して、
治りづらくなってしまうこともあります。

年齢に関係なく疲れが溜まっている時などに腰を曲げたり、
少し体を捻ったりすると、突然腰が痛くなり、動けなくなってしまうのが、
一般的によく聞くギックリ腰です。

一瞬で激しい痛みが生じ、動けなくなるのです。
ギックリ腰のような痛みで、安静にしていてもよくならず、
腰の痛みの他にも足のしびれも感じるような場合には、
腰椎椎間板ヘルニアの可能性も疑った方がいいでしょう。


腰椎椎間板ヘルニアは、立った時よりも前屈みや座っている時に
痛みを感じやすいので、
靴下を履く動作で痛みを感じるのであれば注意しなけれねいけませんね。

脊髄分離症は、体を後方に反らせたり、
長い時間ずっと同じ姿勢をしていることで腰に痛みを感じるのです。

脊髄すべり症になると、重苦しい腰の痛みからはじまり、
足にも痛みやしびれを感じるようになります。

椎間板性腰痛は、椎間板の老化によって生じる腰痛で、
神経の刺激が原因で腰痛を感じるのです。

長時間同じ姿勢でいると痛みを感じ、横になれば症状がやわらぎます。

腰痛の症状で一番多いのが、腰痛症と言われる腰痛です。
腰には毎日の生活のいろんな動作の負担が掛かっているため、
ムリな姿勢での読書やテレビ観賞、高さの合わないテーブルなどで
腰痛を引き起こすこともあります。

あぐらをかいたり、おふとんや枕を変える事でも腰に負担がかかるのです。
腰痛症は、腰が重い・だるい・凝るなど、痛みが鈍いので、
自覚できる症状がそんなにない場合が殆どです。

何となく過ごしている毎日の生活の中で腰痛が
慢性化してしまうことも多いとおもいますよ。

慢性化すると毎日が憂鬱になりますよね。
少しでも腰痛を楽にして過ごしたいと思いませんか?

腰痛改善ストレッチ「福辻式」を参考にしてみてください。

腰痛症

腰痛症とはどのような病気なのでしょうか?

腰が痛くて病院へ行って、レントゲンやMRIなどを撮ってみても
原因が特定できない腰の痛みが腰痛症といわれています。

原因がはっきりしている腰の痛み、ヘルニアや坐骨神経痛などは
腰痛症ではないということです。

一般的に「急性腰痛症」と「慢性腰痛症」に分けられます。

症状として、ぎっくり腰のように急激な痛みが襲うケースや
腰全体がだるくなるような痛みがあるケースなど様々です。

急性腰痛症ですと、体を捻ったときなどに急に痛みが襲います。
そうすると、痛みひどく腰を前後に動かしたりすることが難しくなります。

そのよう場合は、腰の負担を軽くするため横になって安静にしていましょう。

それでも痛みが強い場合は、病院の診察を受けるなどして
消炎鎮痛剤や筋肉の緊張を抑える薬をもらいましょう。

慢性腰痛症は、腰の痛みが強くなったり弱くなったりと長期間続きます。
原因不明の腰痛が長く続くのが慢性腰痛症です。

はっきりとした原因が特定できない腰痛が続くようでしたら、
腰痛症を疑ってみることですね。

靴擦れから

足の指というものは、皮膚の疾患にかかるリスクがあるのではないでしょうか。

こうした皮膚の疾患が理由で、しびれが起こる・しびれていると感じる事があります。

右足に靴擦れで水疱できて、「靴擦れくらいで、大騒ぎしなくても・・・」と思っていると、
翌々日になって、水疱がつぶれた後のこと。

足の指のしびれや痛みを感じはじめ、更に、その翌日には右足全体が痛み、
膝下までのリンパ節が腫れ上がってしまいました。

お医者さんに診ていただくと「蜂窩織炎」というのもので、
靴擦れ部分からブドウ球菌や化膿レンサ球菌などに、
感染をしたのではないだろうか、とのお話でした。

足はしびれて痛いし、抗生物質を一箇月も飲まなければならないはめに。

また、足では無くて手指(右手小指)の話しなんですが、
あるとき「どうもしびれていて、自分の手ではないような気がする」
「その指だけが冷えて、冷たい感じがする」と数日、感じていました。

すると、そのうち水疱ができて潰瘍になりはじめ、病院へ行き、
それは「単純ヘルペスウイルス」が指に感染したものだったのです。

単純ヘルペスウイルスは、口のまわりだけでなく、
実は人体のどこにでも感染するということをお医者さんに教わりました。

足のしびれや指のしびれを、大したことがないと自己判断して
そのまま放置しておくと、後で大変なことになります。

早期に病院等で専門家に診てもらい、治療していきましょう。

足のしびれと病気について

手足のしびれは、病気が原因で起こることがあります。
しびれには、神経が原因の場合と血管が原因で起こる場合があります。
椎間板ヘルニアなどの神経障害で起こるしびれ、糖尿病の場合の血管障害でおこるしびれがあるのです。
しびれは、痛みと違って苦痛の度合いが薄いこともあり、病院へ行くことを先延ばしにしてしまいます。
しかし、神経性、血管性のいずれのしびれでも、原因があります。
その原因を確定して治療することがもっとも重要なのです。
また、多発性硬化症やギランバレー症候群といった、神経自体の病気がもとで手足のしびれを感じるだけではなく脊髄病変が起こるという場合もあります。
急に片側の手足、右手と右足、左手と左足などがしびれて感覚がなくなってきたという場合には、命に関わることがあります。
このような場合、脳の疾患が原因で手足にしびれがおこっていることがあるので、脳梗塞や脳出血、あるいは脳腫瘍などの重大な病気が原因と考えられます。
こうした手足のしびれに気付いたら、すぐに病院へいきましょう。

足のかかとや足の裏のしびれについて

足の裏やかかとにしびれを感じた場合には、足根管症候群の可能性もあります。
ふくらはぎ、かかと、足の裏を通っている後頸骨神経が圧迫されたり、損傷をした時などに、しびれや痛みが起こります。
しびれより痛みのほうが強いようなので、ほかのしびれの場合よりも病院にいくことが多いと思います。
患部に注射をして、痛みや神経の炎症を抑えたりしますが、足のしびれや痛みを軽くするためには、靴の矯正も必要になるかもしれません。
靴をはいたとき、患部を圧迫するからです。
足のしびれや痛みを感じたらお医者さんに診てもらうことが最善です。
足の甲や小指側にしびれを感じた場合、または足首や足の指を上げることができない場合には、ひ骨神経麻痺を起こしていることがあります。足のしびれだけでなく、足首や足の指が思うように動かないことも症状の一つです。
このような症状がある場合には、ひ骨神経麻痺を疑ってみる必要があります。
ただし、年齢的に筋肉が衰えてくると、簡単に物に躓いたりスリッパが脱げてしまうことがあるので、すぐにひ骨神経麻痺と決めつけることはできません。

足の指先のしびれについて

足のしびれで指先のほうが気になるという場合には注意してください。
血管性のしびれかどうか疑う必要がります。
血管性のしびれは、手足の指先などから出てくることが多いのです。
糖尿病にかかっている場合には、毛細血管の障害や神経が破壊され足のしびれが起こる場合があります。
また、手にも症状が出てくることがあるので気をつけましょう。
手足のしびれだけではなく、間欠性破行と呼ばれる症状が出る場合には、閉塞性動脈硬化症にかかっていることがあります。
これは、高齢の方には、多かれ少なかれ動脈硬化がみられることや、何らかのクセのある姿勢を長時間とっている方も多いものです。
しかし、こうした場合に下肢の血行が障害されてしびれを感じたり、しびれとともに痛みを感じたりして歩いている途中で痛むという症状を訴える人もいます。
初期のうちはしびれを感じているのですが、やがて痛みに変わっていく人が多いようです。動脈硬化というのは、ある程度誰にでもみられるものです。
しびれや痛みを感じてからあわてるよりも、普段から動脈硬化を防ぐ生活を心がけていきましょう。

足のしびれと腰痛について

足のしびれと腰痛が起こる時は、椎間板ヘルニアや変形性脊椎症などが原因となっている場合もあります。
腫瘍ができているといった場合にも、手足のしびれを感じることがあります。
腫瘍や血腫ができている場合には、腫瘍や血腫が存在することで刺激してしまう神経に、しびれをはじめとする知覚異常が起こります。
また、最近は高齢者を中心に脊柱管狭窄症の方が増え始めているようです。
脊柱管は背骨を通っていて神経を囲んでいる管ですが、その脊柱管が細くなって神経を圧迫して、足のしびれや痛みなどの症状がでるようです。
椎間板ヘルニアやぎっくり腰は痛みをともなうので、病院へ行かれる方も多いと思います。
病院で足のしびれもお医者さんに相談できることが多いでしょう。
変形性脊椎症や脊柱管狭窄症の痛みは、椎間板ヘルニアのような激痛ではないようです。
いずれもレントゲンやMRIによる診断によって、足のしびれや腰痛の原因がわかりますので、早めにお医者さんの診断を受けるようにしましょう。

急激な手足のしびれ

手足のしびれは、重大な病気が原因になっているかもしれません。
まず原因を特定することが重要になってきます。
重い荷物を手でもっていたとか、長い時間歩き続けて疲れが原因とわかっている場合は、様子をみてもいいと思います。
何の理由もなく手足がしびれると感じる時は、体に何か重大なことが起こっていることがあります。
脳の疾患が原因で、手足のしびれが起こっている場合、急に片側の手足、右手と右足、左手と左足などがしびれて感覚がなくなってきます。
脳梗塞や脳出血、脳腫瘍などの重大な病気が原因となっていたら、命にかかわることもあります。
こうした手足のしびれに気づいたら、すぐに病院へ行きましょう。
他の病気でも手足のしびれが起こります。
椎間板ヘルニアなどが、脊髄病変の原因になりえます。
また、変形性脊椎症や腫瘍ができているといった場合にも、手足のしびれを感じることがあります。
腫瘍や血腫ができていると、刺激してしまう神経にしびれをはじめとする知覚障害が起こります。
手と足がしびれるという場合は、重大な病気が原因になっていることが多いので必ず病院へ行きましょう。
オール電化光熱費